English / Japanese

 

About the brand

16

Fuchsia by Izumi Taharaはジュエリーブランドである。

ブランドは2002年にブリュッセルで日本人デザイナーの田原いずみにより設立された。
数シーズンのプレタポルテコレクションの後、ヴィンテージを愛するデザイナーはヴィンテージのコスチュームジュエリーのコレクションにも情熱を注ぐようになる。
ヴィンテージコスチュームジュエリーをコレクションするうち、パリュリエというオートクチュールのジュエリー職人の手仕事を知り非常に影響を受け、デザイナー自身でもジュエリー製作を始るに至る。
その間、2006年にはヴィンテージコスチュームリメイクのウェアのコレクションを東京ベースのセレクトショップ、point de mignonのエクスクルーシヴとして立ち上げる。
そして2011年よりウェアのコレクションと同じコンセプトによるヴィンテージのコスチュームジュエリーをリメイクしたジュエリーコレクションを開始。
ウェアと同様にコレクションはアンティークやヴィンテージのジュエリーやパーツを使用した一点もののジュエリーである。
Fuchsia by Izumi Taharaのジュエリーは過去のタイムレスなヴィンテージジュエリーを現代にモダンによみがえらせる – それはまさにVintage Renaissanceと言える。

ブランドの名前であるFuchsiaとはデザイナーの最も好きな色であり、またFuchsiaという色の名前のオリジンとなった花の名前。その可憐な花は繊細なジュエリーのようでもある。

 

 

Vintage Renaissance

すべてのジュエリーはブリュッセルにおいてデザイナーのハンドメイドによる一点ものである。
また、デザイナーのコレクションやヴィンテージパーツからクライアントが選んだ素材を用いてカスタムメイドのジュエリーを制作することも可能。それはオーダーされた人のためのこの世でたった一つのスペシャルな一点となる。

 

The collection

 

Petit Bouton

Click on image to see more images about the collection

Click on image to see more images about the collection

70年代のチェコガラスのヴィンテージボタンとヴィンテージのジュエリーやパーツとチャンキーな真鍮のチェーンを組み合わせたカラフルなキャンディーのような一点もののコレクション。
気軽に身に着けることができカラフルなカラーでハッピーな気分になるはず・・・。

 

 

 

 

 

Vintage Renaissance

click to see more images about the collection

click to see more images about the collection

各年代から選ばれたクリアラインストーンを使用したヴィンテージジュエリーとチャンキーな真鍮のゴールドチェーンを組み合わせた一点もののステートメントピースのコレクション。
ゴージャスな雰囲気でありながらTシャツとジーンズに合わせればちょっとしたロックなテイストを加えてくれる。

 

 

 

 

 

Vintage Legend

click to see more images about the collection

click to see more images about the collection

Vintage Renaissanceと同様に各年代から選ばれたクリアラインストーンを使用したヴィンテージジュエリーとチャンキーな真鍮のゴールドチェーンを組み合わせた一点もののステートメントピース。
このシリーズで特筆すべきは40−50年代のアメリカの有名なコスチュームジュエリーメーカーであるWeiss、Coro、Kramerなどを惜しげも無く使用している点。
これらのジュエリーはそれ自体でも価値のあるものであり、それらのレジェンダリーなコスチュームジュエリーを使用したこのシリーズは唯一無二の美しさである。

 

 

 

 

Perles Baroques

Perles Baroquesは50年代のヴィンテージストックのMiriam Haskellのバロックパールにフォーカスした一点もののコレクション。他のシリーズ同様にヴィンテージジュエリーやパーツ、またはチェコガラスのヴィンテージボタンとの組み合わせ。
これらのジュエリーはクール、そしてエレガントでもある。